思春期ニキビRoom 治療したみんなの体験談

東京都/N子さん(女性:18歳) 最も効果を実感したのは皮膚科での治療ですね。

発症時期

12~13歳

最も重いときのニキビの度合い

片側の頬に6~20個

治療前のケア

市販のニキビケア用品

どんなニキビだったの?

ニキビができ始めたのは中学1年でした。最初はほっぺに2~3個くらいだったんです。それがおさまってきたら、今度はおでこに…。ひどいときは赤く大きくなったり、膿んだりしたんですが、小さいのがいっぱいできるという感じのニキビでした。何よりも、おさまってもまた新しいのができる…その繰り返しで、きれいに治ったときがないのがつらかったです。
おでこのニキビは前髪で隠せましたが、ほっぺのニキビは目立つので気になって仕方がありませんでした。高校時代はコンシーラーでしっかり隠していました。だから、私がそこまでニキビで悩んでいると思った同級生はいなかったんじゃないかな?でも私自身は、「とにかく治したい!」の一心でしたね。

どんなケアをしていたの?

最初の頃は、雑誌にあったケアをやってみました。市販の軟膏を使うとか、前髪上げる、枕カバーとして使っているタオルを毎日変えるとか…。本やインターネットで情報を集めたり、習い事で親しくしている上級生にアドバイスをいただいたりしました。ニキビ用の洗顔料やローションも試しましたが、私の肌には合わないと思って、中学2年のときに母の勧めで皮膚科に行きました。
それまで皮膚科には滅多に行かなかったので、どんな治療をするのか見当がつきませんでした。お医者様に見ていただいて、抗菌剤などを処方されて、それでおしまい。正直、「こんなに簡単なの?」という気持ちでしたが(笑)、言われた通りに薬を使ってよくなったので、「よし、がんばろう」と思いましたね。

現在の状態はどうなの?

最近気づいたのは、私の場合、生理周期がニキビに影響していることです。どんなに規則正しい生活を送っていても、生理前後はニキビができやすい。
もちろん生活習慣にも気をつけていますよ。清潔なタオルを使うとか、甘いものは食べすぎないとか…。 あと、夜遅くなってもシャワーで済ませないで、ちゃんとお風呂に入ります。お風呂で温まると肌の状態が全然違うんです。
ニキビで悩んでいる友だちがいたら、「皮膚科に行ったほうがいいよ」と声はかけるでしょうね。「ニキビは疾患だから、悪いところを治せばきれいな肌になる」と思うと、がんばれるから。

※個人的な感想であり、効果を保証するものではありません。

PageTop