大人ニキビRoom 治療したみんなの体験談

東京都/F彦さん(男性:21歳) 何年間もいろいろやってもダメだったのに、ひと夏で目立たなくなりました。

発症時期

15~16歳

最も重いときのニキビの度合い

片側の頬に10個以下

治療前のケア

市販のニキビケア用品

どんなニキビだったの?

高校入学後、すぐにできてきました。ぽつぽつ…という感じだったので、多いときでも片側の頬に10個くらいかな?初めの頃は、「赤いのできちゃったなぁ」くらいに軽く流していました。まだ高1だったので、あまり外見を気にする年頃でもなかったし…。
それが、高2の初めくらいから急に気になり出しました。「おしゃれもしたいし、ニキビを治そう」と決めた日の学校帰り、薬局に飛び込みました。「とにかく何か、つけてみよう」と、その場で選んだニキビケア用品を買いました。
それからしばらく、そんな感じでいろいろ試してみました。薬局で売っているもの、TVコマーシャルで見たもの、1回2回じゃなくて半年とか腰を据えて試したものもあります。他にもインターネットで調べて、ニキビにいいと書かれていることを一生懸命やりました。脂っこいものを食べすぎないとか、夜更かししないとか、規則正しい生活をするようにかなり気をつけました。
でも、思った様な効果はありませんでした。そこまでやったのに、何の変化もありませんでした。「すごいストレス!」でしたね。

ニキビで困ったことは?

ニキビがあることで、毎日を100%楽しんでいない…そんなちょっと重たい気分でした。たとえば友だちと遊園地に行っても、100%楽しめない。ああいった場所に行くと、「みんなで写真撮ろう」ってなりますよね?もう、それがイヤだったんです。ニキビのある顔を写真に残したくないし、自分でもそんな写真見たくないし…という感じ。
それに、誰かと話をしていても、相手の目を見て話せませんでした。こちらが相手を見ると、相手も僕の顔を見る…ニキビを見られてしまう…。すごい苦痛でした。だから、人と話すときは、いつもうつむいていました。まわりには、誰ひとりとしてニキビのある友だちがいなかったんです。友だちに相談できないどころか、「絶対これだけは知られたくない」と、ニキビの話題になりそうだと逃げていましたね。
よく「たかがニキビ」と人は言いますが、「そうじゃないぞ」というのが僕の気持ちでした。ずっとこのまま、ニキビができたまま大人になっていくのか、とすごく怖かったです。

現在の状態は?

朝、母が「おはよう」と言いながら、まじまじと僕の顔を見て、「ほんと、ニキビが少なくなったね!」といつも喜んでくれます。母はニキビがよくなるきっかけをくれたわけですから、「ありがとう」と言いたいところですが、面と向かうと恥ずかしくて、つい「でしょ?」みたいな態度になってしまいますが…(笑)。
また高校の同級生と久しぶりに会い、びっくりされたこともありました。高校時代の僕はニキビの印象が強かったんでしょうね。それが一気になくなり、どうしたんだと驚かれたわけです。そんな友だちの反応を見ると、「やっぱり違うんだ。治してよかった」と思います。人から肌について褒められる様になりました!ニキビがよくなってるんだ!と思えて嬉しくなります。
写真を撮られるのも、人の目を見て話すのも、もう大丈夫。今までできなかったファッションに興味を持つようになったし、もっといろんな人と接したいと積極的になりました。もし友だちがニキビで悩んでいたら?もちろん、僕と同じ治療を勧めますよ!

※個人的な感想であり、効果を保証するものではありません。

PageTop