大人ニキビRoom 治療したみんなの体験談

東京都/T郎さん(男性:20歳) 「もっと早く病院に行けばよかった」と、今だから思えます。

発症時期

15歳ぐらい

最も重いときのニキビの度合い

片側の頬に6~50個くらい

治療前のケア

市販のニキビケア用品

ニキビができたのは?

ニキビができ始めた中学生の頃は、部活でテニスをやっていたんですが、まわりに少しニキビのある友人がけっこういました。まあ、そんなもんだろうと思っていたし、うんとひどくはならなかったので、特に誰かに相談しようという気にはなりませんでした。「ニキビはできても、しょうがない」という気持ちがあったかもしれないです。
だから、市販のニキビケア用品を買って、少しずつ自分で治そうとしました。時間はかかったけど、気にならないくらいまでにはなりましたよ。 でも、よくなっても、またニキビができてしまう。その繰り返しだったんです。

皮膚科に行った感想は?

ニキビで皮膚科に行ったのは初めてだったので、本当のところ不安はありました。「ニキビくらいで病院に行くなんて」という気持ちもありましたよ。
それが、「やっぱり行こう」と決心したのは、親戚の人にニキビのことを言われたからでしょうね。「そんなにひどいのかな」と思ったんです。それまで家族以外にニキビについてあまり言われたことがなかったので、自分が気にしているよりひどいのかもしれないと自覚したわけです。
もともと肌が乾燥しやすいので、副作用のカサつきは気にはなったんですが、「それよりもニキビが治るほうがいい」と思ってがんばりました。とりあえずお医者さんを信じてみようという感じでした。

現在の状態は?

今では、「もっと早く病院に行けばよかった」と思います。高校生の頃までは市販のものでおさまった気がしたので、病院で治療を受けるなんてとても考えつきませんでした。
そもそも、ニキビは疾患という感覚はなかったですね。皮膚科に行くようになってから、「病気なんだな」という気分にはなってきました。
今も少しニキビはあります。探すと小さいのが見つかるんですが、以前と違ってストレスはないです。鏡を見て、「またできてる」と落ち込んでいた過去の自分。また同じになりたくないので、生活習慣にも充分注意していますよ。

※個人的な感想であり、効果を保証するものではありません。

「ニキブーニッキ」
「ニキブーニッキ」
美肌の森の妖精「ニキブー」と一緒にニキビケアをしていくアプリ。
  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手にいれよう
PageTop