大人ニキビRoom 治療したみんなの体験談

東京都/W子さん(女性:35歳) 長いニキビ歴の末、ようやく満足できるニキビ治療に出会えました。

発症時期

20歳ぐらい

最も重いときのニキビの度合い

片側の頬に51個以上

治療前のケア

市販のニキビケア用品、ホームエステ、エステ

どんなニキビだったの?

私は大学生のとき、20歳を過ぎてからニキビができ始めました。23歳くらいまでは顎(あご)のまわりに1~2個できる程度だったんですが、社会人になってから増えました。
学生時代と違って経済的な余裕があったので、ニキビ対策とリフレッシュを兼ねてエステに通い始めたんです。大手エステのニキビケアコースを契約して、2年間くらい通いました。でも、表面的なケアだけのような気がして、よくならなかったんです。
「2年も信じてエステに通ったのにダメ…どうしよう」と思って、ニキビについて調べ、ようやくニキビが疾患だということを知ったんです。その後は、「早く、皮膚科に行かなきゃ」と必死でした。すでに数十個くらいのニキビはありましたし、もう思春期ニキビではないわけですから、内臓の病気かもしれないという不安もあったんです。

どんな治療を受けたの?

私はニキビ歴が長いので、25歳からのほぼ10年のあいだ、複数の皮膚科に通いました。評判のいい女医さんのクリニック、保険適用外の治療ができる美容皮膚科なども行きました。そのたびに抗生物質や軟膏をいただき、生活指導を受け、美容皮膚科ではフォトフェイシャルや光治療、ケミカルピーリング、酸素ケアなどいろいろ試しました。
でも、よくなっては悪化する…その繰り返しだったんです。地道に続けるのは大変だし、お金もかかる。そして、ニキビが0個という状態にはならない…。効果があった薬でも一度やめてしまうと結局、同じという気がしてしまい、続かなかった。美容皮膚科でレーザー治療を受けたときは、ニキビ痕(あと)が薄くなり肌がきれいになっても、ノーメイクで帰るというつらさに耐えられなかった。
そんなふうに、以前は、私が心から納得できる治療には、なかなか出会えなかったんです。

新しい治療を受けた感想は?

新しい治療には、私としては90パーセント満足ですね。ただ、治療を始めた翌月に妊娠がわかり、妊娠中に使用できない薬の使用をやめています。まだニキビが完治までいっていないのが残念ですけどね。
とはいえ、今は毎日ハッピーです。ニキビがよくなったら、世界がぜんぜん違うんですよ。まわりの対応も、「あれ、こんな顔してた?」という感じ。ニキビがひどいときは顔が腫れて、印象が違ったんでしょうね(笑)。「肌がきれいだと、こんな気持ちなんだ」と実感しました。
ニキビだらけのときは、どんな洋服も似合わないと思い込んでいたし、お店で化粧品を手に取るのさえ抵抗ありました。前向きな性格の私でも、「生きている意味がない」と落ち込むほどニキビはつらいものだったので、もっと大変な思いの方もいらっしゃるでしょうね。そういう方には、こう言いたいですね。「新しい治療は試す価値がありますよ。ニキビを気にしているのなら、早く皮膚科に行ってくださいね」と。

※個人的な感想であり、効果を保証するものではありません。

「ニキブーニッキ」
「ニキブーニッキ」
美肌の森の妖精「ニキブー」と一緒にニキビケアをしていくアプリ。
  • App Storeからダウンロード
  • Google Playで手にいれよう
PageTop