ニキビは皮フ科へ.jp www.nikibi-hifuka.jp

[+02] ニキビの治療について Preparation

代表的なニキビ治療の特徴

たかがニキビなんて思うかもしれませんが、一口にニキビ治療といっても塗り薬、飲み薬、医療器具を使うものなど様々な治療法があるのです。治療する時は、皮膚科の先生と相談して症状に合った治療法を選びましょう。
ここでは代表的な治療の解説をします。

外用過酸化ベンゾイル製剤の特徴

◎ニキビとその周辺の肌に塗ります。
◎殺菌作用とピーリング効果があり、毛穴を詰まりにくくし、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌します。
◎初期の炎症のないニキビから、炎症のある赤ニキビまで幅広く使えます。
◎皮膚刺激、皮膚が赤くなる、乾燥肌の誘発などの副作用があります。

外用レチノイドの特徴

◎ニキビとその周辺の肌に塗ります。
◎毛穴のつまりを取り除きます。
◎ニキビの前段階である微小面ぽう、白ニキビ、黒ニキビを治療することができます。
◎皮膚刺激、乾燥肌の誘発といった副作用があります。

抗菌薬の特徴

◎塗り薬と飲み薬があります。
◎炎症を起こした赤ニキビに短期間使われます。

外用過酸化ベンゾイル+外用レチノイド配合剤の特徴

◎ニキビとその周辺の肌に塗ります。
◎過酸化ベンゾイルとレチノイドの配合薬であり、両方の効果が期待できます。

外用過酸化ベンゾイル+抗菌薬配合剤の特徴

◎ニキビとその周辺の肌に塗ります。
◎過酸化ベンゾイルと抗菌薬の配合薬であり、両方の効果が期待できます。

漢方薬の特徴

◎目的に応じていろいろな飲み薬を補助的に使用することがあります。
◎効果は腸内環境に左右されるため食習慣の見直しも並行して行います。

イオウ製剤の特徴

◎ニキビとその周辺の肌に塗ります。
◎ニキビに直接塗ることで、毛穴につまった角質をはがし、開きやすくします。
◎初期の炎症のないニキビに使います。

面ぽう圧出の特徴

◎専用の器具を使って、毛穴の中に詰まっている皮脂や古い角質、膿などを物理的に取り除く治療です。
監修:東京女子医科大学皮膚科学 教授  川島 眞先生
  • 医療従事者の方
  • ニキビに関するアンケート集計結果
  • はじめての皮フ科体験記
  • 皮フ科の先生に聞いてみよう! Nikibi相談会