NEW 保護者向け

子どもの思春期ニキビ対策

子どものニキビ対策は早めの皮膚科
受診がお勧めですぞ!

正しい知識を身に付けましょう!

気づいてあげたい!子どもからのSOS

ニキビへの悩みや心配ごとに関するアンケート調査*1 によると、子ども(中学生~高校生)と保護者の間では、大きな認識のズレがあることが分かりました。
たとえば、子どもは、ニキビがあることを「恥ずかしい(37.8%)」と受け止め、「自分に自信が持てない(35.2%)」「気持ちが落ち込み、イライラする(21.1%)」と感じることがあるようです。一方、保護者は「特に心配していることはない(54.2%)」との回答が最も多く、ニキビを深刻に捉えていないことがわかります。
一人で悩む子どもたちは、ネットの誤った情報を鵜呑みにして、間違ったケアをしているかもしれません。ニキビの悩みは、なかなか言い出しにくいもの。子どもからの小さなSOSに気を配り、保護者から手をさしのべてあげましょう。

『子どもと母親のニキビに対する
アンケート調査』*1

  • 子どもと母親のニキビに対するアンケート調査(2011)
    対象者:子ども(中学生~高校生)930名、母親1000名 
    方法:インターネット調査

アンケート結果*1 によると、実際にニキビができたら、「洗顔を念入りにする」(保護者の60%以上、子どもの50%以上)、「ニキビ用化粧品を使う」(保護者の約60%、子どもの約40%)という人が多いようです。一方、「病院でみてもらう」と回答した割合は、保護者が約30%、子どもが20%未満でした。ニキビも、アトピー性皮膚炎などと同様に「皮膚の病気」ですが、日本では病院での治療を選択肢として捉えていない方が多くいらっしゃいます。
肌の表面には無数の毛穴が存在していますが、この毛穴に角質や皮脂が詰まると、コメド(面ぽう)と呼ばれる炎症を起こす前段階のニキビがあらわれます。そこにアクネ菌や、皮脂、男性ホルモンなどが関与し、徐々に炎症を起こした「赤ニキビ」へと進行していきます。これを放置したり、つぶしたりすると、ニキビ痕(あと)が出来てしまうことも。ニキビ痕を消す治療は、未だに確立していません。
そのため、ニキビが軽いうちに適切な治療、正しいケアを行うことが重要です。子どもが将来、ニキビ痕に悩まずにすむよう、早めに対処していきましょう。

最近のニキビ治療、知っていますか?

ニキビ治療はこの数年、大きく進歩しています。以前は、炎症をおこした赤ニキビに対し、抗菌薬を用いた治療が行われてきました。しかし現在は、新しい作用の薬で、赤ニキビになる前の、コメド(面ぽう)の段階から治療が可能となっています。
さらに、赤ニキビが改善したあとも、よい状態を維持するため、コメド(面ぽう)の治療を継続することがニキビ治療のガイドライン*2 で推奨されています。

  • 林伸和ほか, 尋常性痤瘡治療ガイドライン2017.日皮会誌 127(6):1261-1302,2017

知っておきたい、ニキビ肌の
スキンケア・生活習慣

世間には、ニキビに関するさまざまな情報が飛びかっています。あふれる情報の中から、正しい情報を子どもに伝えられるよう、保護者はニキビ対策についても知っておくことが大切です。

知っておきたい
ニキビ対策の豆知識

ニキビを悪化させるNG習慣

顔を隠すためのマスク、額にかかった前髪、「気になってついつい触ってしまう」「ほおづえをつく」といったニキビを刺激する行為はニキビを悪化させる原因になります。ニキビは気になるものですが、なるべく触らず、そっとしておきましょう。

正しい洗顔・化粧の方法

肌の汚れや活発に分泌される皮脂を取りのぞくために、洗顔は重要です。しかし、1日に何度もしたり、ゴシゴシ擦って洗ったりすれば良いと思っていませんか?洗いすぎはニキビを刺激し、肌のバリア機能を壊すことにつながります。また、擦るように洗うことで、ニキビをつぶしてしまうこともあります。
低刺激で、ニキビができにくいことが確認されているノンコメドジェニックな洗顔料を選び、1日2回、洗顔料をよく泡立てて、ニキビをつぶさないようにやさしく洗うと良いでしょう。
また、化粧品の中にはコメド(面ぽう)の原因になったり、ニキビを悪化させたりするものがありますので、ニキビがある時は化粧を慎重にしてください。化粧品を選ぶ場合には『ノンコメドジェニックテスト済み』と表示された化粧品を選択してください。ニキビ治療を妨げずに、化粧ができると安心して日常生活を過ごせるでしょう。また、化粧品やメイクに使う小物は、清潔に保つよう注意が必要です。

ニキビと睡眠の関係

「夜更かしをしてニキビが悪化した」という経験をしたことがある人もいらっしゃるでしょう。睡眠不足によって、脳から分泌されるストレスホルモンが増加し、皮脂の分泌が促進されることで、結果的にニキビの悪化に繋がると考えられています。*3 ニキビを悪化させないためには、十分に睡眠をとり、ストレスを溜めない工夫が必要です。

  • Buckley TM, et al.:J Clin Endocrinol Metab., 90, 3106-3114 (2005)
    R.Ganceviciene, et al.:British Journal of Dermatolgy., 160, 345-352(2009)

ニキビと食事の関係

これまで食品とニキビの関連性について様々な報告がされてきましたが、十分に検討されているとは言えず、医学的には、特定の食品がニキビに影響するかは結論が出ていない状況です。思春期の子どもにおいては、体の成長を考え、まずはバランスの整った食生活を基本とすることが大切です。しかし、明らかに特定の食品を食べると悪化する、と自覚している場合は控えてみても良いでしょう。

子ども一人ひとりのニキビの状態にあわせたアドバイスが必要です。
正しいニキビ対策については、皮膚科を受診し、医師に気軽に相談してみると良いでしょう。

先生もおすすめする皮膚科受診

ニキビ一緒に治そうProject/中村倫也さんから保護者のみなさまへ

監修:日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
小林 美和先生

ハリネズミ教頭からの一言

子どものニキビ対策は早め
の受診がお勧めですぞ!

ニキビについてもっと知りたい!